研修医の声 分野 その他
2013年10月01日

塩崎直哉 先生

済生会新潟第二病院

出身大学:獨協医科大学 出身高校:新潟明訓高校 研修2年目

(写真:筆者は右から2番目)

新潟で研修することを決め、大学時代の栃木県を離れ地元新潟で研修をはじめ、早くも一年が経ちました。大学病院の様な特殊な症例ではなく一般的な疾患をみてみたいと思い、ここ済生会新潟第二病院での研修を決意しました。県外大学出身であったため新潟県に戻ることに多少の不安もありましたが、優しい先生方や同期に恵まれ充実した研修生活を送ることができています。研修も2年目に入り今年度は地域医療として津川病院に行くほか、新潟大学病院でも研修することができるため、済生会とは異なる環境で希望とする科を研修することができ、とても楽しみにしています。
さて、写真は研修医室で同期と一緒に撮ったものです。研修医生活を大きく左右するものとして、同期や先輩、後輩とすばらしい関係を築くことは重要だと思います。我々の研修医室は1年目と2年目の研修医が一緒の空間で、気軽に学年を隔てて悩みや相談を言い合うことができるアットホームな環境であるため、日々を楽しく過ごせています。
研修医生活も折り返しを迎え、去年と比べると成長を感じるところもありますが、まだまだ未熟な部分もあり、苦悩を共にしてくれる同期の仲間とともに今まで以上に頑張って行きたいと思います。

(所属等は執筆時現在です。)