先輩が教える医学生・医師への道 分野 内科、呼吸器内科
2013年07月10日

小林義昭 先生

新潟県厚生連佐渡総合病院

出身高校:新潟県立長岡高校
出身大学:富山医科薬科大学

医学生が医師になるのは大きな飛躍。研修開始は社会への船出。上級医への報告・連絡・相談、謙虚さ・素直さ、コミュニケーション能力、学ぶ姿勢、礼儀などが必要。医師の能力向上には人間性の担保が必要。患者さんを自分の肉親と思い正しく診療し、知識の蓄積と更新、医療技術の錬磨と経験を積んだ結果、自然と医師は磨かれる。人の為になる尊い仕事、類い稀なチャンスを生かそう。

(敬称略 所属等は執筆時現在です。)