• ホーム >
  • 募集 >
  • 令和2年度医師養成修学資金 重点コース(新潟県育成枠)修学生を募集します
受付終了
対象: 医学生の方、医師を目指す方 分類: 医師養成修学資金

令和2年度医師養成修学資金 重点コース(新潟県育成枠)修学生を募集します

※このイベントは終了しました

 新潟県医師養成修学資金制度は、将来、新潟県内の地域医療を担おうとする気概と情熱に富んだ医学生に対して修学資金を貸与するものであり、大学を卒業して医師免許を取得後、県が指定する医療機関に一定期間勤務することにより、貸与を受けた修学資金の返還が免除される制度です。

 令和2年度においては、これまで募集していた県外医学生枠、新大医学生枠等の修学資金を統合・再編し、出身地を問わず全ての大学医学部生を対象とした「新潟県育成枠」として、以下のとおり募集を行います。

対象者

次の①および②を全て満たす方が対象となります。

① 新潟大学または県外の大学(国公私立は問いません)において医学を履修する課程に入学する新入生もしくは在学している方
② 卒業後、新潟県内の医療機関に医師として勤務する意志を有している方

※ 出身県は問いません。また、学年を問わず申請可能です。

貸与人数

15名
(新潟大学5名・県外国公立大学5名・私立大学5名程度を想定)

貸与額

国公立大学 月額15万円
私立大学  月額30万円

貸与期間

令和2年4月から卒業の月まで
(正規の修業年限に限ります)

返還免除要件 ・卒業後、2年以内に医師免許を取得すること
・医師免許取得後、直ちに県内の病院で臨床研修に従事すること
・臨床研修修了後、直ちに指定する医療機関に勤務すること
・指定勤務期間:貸与期間の1.5倍(4年未満となる場合は4年間。なお、臨床研修の2年間を含みます)
申請方法等

詳しい募集案内や申請様式は、以下から御確認ください。

 R2募集案内
 申請様式

※ 他の自治体から就業義務の伴う奨学金等の給付を受けている、又は受ける予定の方は応募することができません。
※ 生計を一にする家族、又はこれに代わって家計を支えている方の年収の合計が1,500万円未満の方に限ります。

貸与規則等

医師養成修学資金貸与事業実施規則
医師養成修学資金貸与事業実施規程
医師養成修学資金実施規程別紙(全様式集)