• ホーム >
  • ニュース >
  • 新潟県柏崎市では、地域で研修医をしながらハーバード等の海外大学院で、公衆衛生学修士(MPH)などの学位を取得できる留学への支援制度を創設します
対象:医学生の方 分類:臨床研修

新潟県柏崎市では、地域で研修医をしながらハーバード等の海外大学院で、公衆衛生学修士(MPH)などの学位を取得できる留学への支援制度を創設します

お知らせ 2021年06月24日

   新潟県柏崎市と柏崎総合医療センターが連携し、医学生から臨床研修先として選んでいただくため、地域で研修医をしながら、オンラインを基本とした海外留学を支援する制度を創設します。

 ・海外留学で身につけたスキルを活かして、新潟をフィールドに地域の課題を解決するほか、地域医療にも貢献
 ・その後は、経験を活かし世界でも貢献する人材を育成

事業実施者

柏崎市・柏崎総合医療センター

※柏崎市が柏崎総合医療センターへ補助

支援対象者  令和4年採用の臨床研修医
支援内容 臨床研修中にハーバード大学の公衆衛生学修士(MPH)等が取得できるオンラインを基本とした海外留学について支援
(長期コースの支援額等の例)支援限度額:研修資金2年で1,000万円+旅費
支援対象人数 若干名
位置づけ  休日や時間外に自己研鑽として実施

 

※現在、詳細な制度設計を行っているところであり、詳細内容や申し込み方法等については、近日中に公開予定

※申し込み開始前に、ご興味がある方にはご相談などにも対応させていただきますので、ご相談を希望される方はこちらからお申し込みください。県の担当者がご相談に応じます。

  柏崎市海外留学支援制度のご相談申込フォームへ

 

※海外留学支援制度の実施については、市議会における令和4年度当初予算の議決が前提となります。