• ホーム >
  • ニュース >
  • 令和元年度第1回地域医療研修特別プログラムを開催しました
対象:医学生の方、研修医の方 分類:臨床研修

令和元年度第1回地域医療研修特別プログラムを開催しました

活動報告 2019年06月05日

 6月1日(土)、今年度の新潟県地域医療研修特別プログラムが開講しました。

 「新潟県地域医療研修特別プログラム」は、地域で総合診療を学びつつ、さらに救急・災害医療プロバイダー資格も取得できるという本県独自の研修プログラム。
 H29年度の事業開始以降、年々評判を集め、今年度は昨年度の参加者を上回る17名の研修医から申込みがありました。

 

開講式に続いて開催された、第1回講義のメインテーマは「皮膚外傷」について。

 

 「ブタ皮膚の縫合実技」では、受講者全員が局部麻酔、異物除去、縫合といった一連の処置を行った後、どのような点に注意が必要か、どういったことを心がけるべきなのかを講師がわかりやすく解説。
 講師曰く「全員合格点!」とのことですが、学生時代にはあまり経験していないという方も多かったようで、受講者にとって非常に有益なものとなったようです。

 

 また、「内科医の創傷処置」では、具体的な症例を示しながら、どのように処置したらよいのかを講師が説明。
 「これまで常識と考えられていた創傷処置は間違っている」という講師の言葉に、臨床研修を開始したばかりの受講者は真剣に耳を傾けていました。