【9月】県外人気病院とのたすきがけプログラム合同イベント

※このイベントは終了しました

【昨年のアンマッチ者数は810名】
アンマッチになりたくない…!でも志望病院の倍率は…

マッチングもいよいよ佳境!

実は昨年第一希望の病院にマッチできなかったのは全体の約30%アンマッチになったのは810名も!

病院の希望順位はなんとなく固まったけど、倍率も高そうだしマッチングできるか不安…なあなたに!

新潟県のたすきがけプログラムなら、新潟でマッチングして県外の人気病院でも研修ができる!

ここがスゴい!
  • 県を越えて病院が連携!双方で1年ずつ研修可能
  • 2年目の新潟はほとんど自由選択!身につけたスキルを思い切り実践可能!
  • 湘南鎌倉総合病院などの徳洲会グループや大阪府内の病院など人気病院とも連携!
  • 更なるステップアップに、イノベ枠も併用可能!

※病院の組み合わせによっては県外の協力病院での研修が1年未満になる場合あり

 

さらに9月のたすきがけ臨床研修合同イベントはなんと全3回計8病院が参加!

今回は大都市圏の人気病院臨床研修に力を入れている沖縄県の病院が対象!

新潟県の基幹型研修病院と合わせて研修の魅力や研修医の本音が聞ける機会をお届けします

日時:9/14・9/15・9/20

開催方法:オンライン(Zoom)

対象者:全国の医学部生

参加者:各病院のプログラム責任者/臨床研修医など

参加病院

Vol.1 Vol.2 Vol.3

9月14日(水)19:00~20:30

9月15日(木)18:00~19:30

9月20日(火)19:00~20:30

福岡徳洲会病院

(福岡県)

湘南藤沢徳洲会病院

(神奈川県)

東大阪医療センター

(大阪府)

新潟県立がんセンター新潟病院

南部徳洲会病院

(沖縄県)

信楽園病院

新潟県立十日町病院

木戸病院

 

 

たすきがけで目指す!

※クリックでさらに詳しく!

福岡徳洲会病院×がんセンター新潟/県立十日町病院
年間1万台を超える救急受け入れ
×がん専門病院で最先端治療/研修医もどんどん執刀!整形外科の症例豊富


たすきがけの例(福岡徳洲会病院×がんセンター新潟)

福岡徳洲会病院で日常頻繁に遭遇する病気・病態に対応できるようプライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技術、知識)を身につけ、豊富な救急症例を通してジェネラルな内科を学び、がん診療の専門病院で臓器別の内科を学ぶことで、内科領域全般の診療能力を養う

 

▼ローテーションの一例(内科重点の場合)

 

湘南藤沢徳洲会病院・南部徳洲会病院×木戸病院
1万件の救急患者ファーストタッチは初期研修医/県全体で研修医を育てる!実践力重視の救急診療
×糖尿病・循環器科に豊富な症例 他職種と連携して地域包括ケア


たすきがけの例(南部徳洲会病院×木戸病院)

救急も病棟も先頭に立つ!南部徳洲会病院で初期診断から適切なコンサルテーションでの一連の基本的診療技術を身に着け、木戸病院で地域医療や高齢期の整形外科を学び、高齢化社会へ対応できる医師へ

 

▼ローテーションの一例

 

東大阪医療センター×信楽園病院
35の診療科を持つ大都市圏の3次救急病院
×150床の人工透析室を持つ地域医療の要

急性期医療を中心とした高度専門的な医療から、リハビリテーションや神経難病などその他の慢性期医療、脳卒中後遺症・長期透析などに対する在宅医療まで幅広く学ぶ研修


▼ローテーションの一例

 

 

過去に開催した県外たすきがけプログラムイベントの見逃し配信も受け付けています。

▶セミナーの申し込みと同時に申し込みができます!

◇湘南鎌倉総合病院×新潟県 ◇北野病院×新潟県

◇一宮西病院×新潟県(村上総合病院)

 

▼その他のたすきがけプログラムや、プログラム全体についてはこちら▼

 

サポートも充実!

病院見学交通費支援

県内の臨床研修病院の見学に参加するための交通費を支援します!

最大3往復分、合計6万円まで支給!

 

病院選び1on1サポート

新潟の病院がわからなくても大丈夫!

忙しい医学生のための「オンライン1on1」を常時開催!

短時間で自分の研修スタイルに合う病院をご紹介!

新潟県の相談実績豊富な医師が、理想の研修ができる病院との出会いを全力でサポートします!
  • ○○科に強い病院を知りたい!
  • 指導体制が充実した病院を教えて!
  • 豊富な症例を経験したい!

 

「+α」の臨床研修を新潟で!

イノベーター育成臨床研修コース

臨床研修をしながら+αを学ぶ2年間

臨床能力をしっかりと養いつつ、MBA・MPH(※)・イノベーション・企業に共通する必須能力であるマネジメント・変革力を座学+実践+フィードバックを通して身につける

MBA医師やイノベーターから学ぶマネジメント・変革力

※MBA(Master of Business Administration):経営学修士

※MPH(Master of Public Health):公衆衛生学修士

 コース概要紹介動画 

  育てたい医師の力

「変革力」を培うために必要な4つの力、思考力、実践力、創造力、人脈力

これらは再現性がある学問で、世界には学ぶ場がありますが、 日本にはありませんでした。

日本初、初期研修をしながら学べる場を新潟に創りました

特設ページ 

医学生向けイベントを随時開催!

たすきがけプログラム、オンライン留学、イノベーター育成臨床研修コースの情報も!

最新情報は新潟県公式Twitter

「レジデントにいがた(@residentniigata)」でチェック!

ぜひフォローしてください!

▼お得情報をお届け!ぜひフォローしてください!

お問い合わせ
新潟県福祉保健部 医師・看護職員確保対策課
TEL:025-280-5960